特定非営利活動法人 みち
                               

第三回 豊田市中山間地域の精神障がい者の地域福祉を考える会

4/10(日)足助交流館にて、第3回豊田市中山間地域の精神障がい者の地域福祉を考える会を開催しました。 13名の方が参加してくださり、現在の生活や、今後の希望の生活について、お話ししてくださいました。

印象的だったお話は、「働く」ことと、その報酬として受け取る「お金」についてです。
ご家族にとっては、お金よりも、家から一歩出て仲間と一緒に活動する場所を大切に感じていますが、当事者にとっては、働くなら、やっぱりモチベーションに繋がるお金も大事だよ、と言われました。当事者の方が求められる金額は数万円でしたが。

また、親亡き後もこの地域に暮らし続けるために、住まいの支援も求める意見が多かったです。

当事者の方もたくさんお話ししていただき、現在の生活を知ることができました。

本当にありがとうございました。


前のページへ戻る
とよた市民活動情報サイト