豊田地域腎友会
                               

体操教室 〜クノンボール体操を体験してみました〜

平成29年9月10日(日)10時〜12時
とよた市民活動センター大ホールをお借りし、みよし町にある接骨院院長をお招きして、体操教室を開催しました。

ご縁あって『クノンボール体操』を体験することになりました。

体力低下を起こしやすい透析患者たちは、歩けなくなる不安からか、30名を超える参加率に、みな熱心に耳を傾けています。

体験と言うことで、手始めに、お借りしたボールを使い基本の動きから順に試していきました。

思ったより簡易な動きとは逆に、日ごろ使わない筋肉への負荷を感じることができました。
TVを見ながらなど、ながら運動で続けられる動きに、ご自宅でも継続してみたいという声が多く聞かれました。


講演に熱心に耳を傾けていました。
透析患者を話題に取り上げたニュースを気に留めて頂いていて、まとめにも取り上げてくださいました。

聴衆の多くにメモを取りながら話を聞く姿も見られ、関心の深さをうかがわせました。

前のページへ戻る
とよた市民活動情報サイト