ガールスカウト愛知県第62団
                               

ガールスカウト愛知62団夏期キャンプ終了

 8月3日(金)〜5日(日)設楽町にて団キャンプを開催しました。今回のテーマは団の目標でもある「チャンス!チャレンジ! チェンジ!」です。3日間でしたが多くのチャンスを用意し、年齢ごとに内容を変えてみんながチャレンジできるようにしました。
 チャレンジの結果できるようになったり、自信がついたりと何か自分の中でチェンジ(変化)できたことでしょう。
 今回初めての場所でしたが、地元の方にたくさんの支援をして頂きました。最初の夜の天体ショーは豊田ではみられない素晴らしいものでした。
1時間半の間に金星・木星・土星・火星・天の川・大三角形・北極星・北斗七星などを観ることができ大満足でした。

8月3日、開会式
見事な青空。いよいよ夏期キャンプ始まります。
今回一番参加者が多いブラウニー(小1〜3年生)スカウト。 宿泊するログハウスの前で!
第1日目
夕食はチャレンジディナー。メニューを決めて食材を購入します。ストア開店前に何があるのか偵察にくるスカウトたち。
1人300円の予算を使ってブラウニースカウトもチャレンジします。
でき上がった料理の数々。ポテトサラダ、キンピラ、スープ、サバ缶を使ったさばめし。豚丼などなど。そして地元の方にいただいた鹿肉もステーキにして、みんなで美味しく頂きました。
キャンプ中に出る生ごみを、できるだけ少なくするためにダンボールコンポストを3機導入。これもチャレンジの一つ。ブラウニースカウトもチャレンジ。
キャンプ終了後は大人が持ち帰り引き続き自宅で生ごみ処理をします。
2日目
お昼のピザ作り。生地はペットボトルの中に入れてよく振り、後は天日で発酵させます。発酵すると勢いよく生地が飛び出します。
それぞれが思いおもいの具材をのせてピザのできあがり。あとは石釜でこんがり焼き上げます。
午前中はガールスカウトの技術にチャレンジ。「道具の使い方」「旗の扱い」「ロープ」「救急法」「測定」「ソング」「レクリエーション」を習得。
 午後はこの技術を使って紅白に分かれ運動会。
みんながんばりました。
午後のひと時、キャンプ場の前の小川でひんやりする時間。近いので時間ができるとスカウトは小川へ。今年は設楽でも今までにない暑さとのこと。熱中症予防にもちょうどよかったです。
キャンプのクライマックス。キャンプファイヤー。
みんなそれぞれのパトロールで出し物を考え演じます。
昼間地元の方から聞いた昔話をスタンツにして演じました。
3日目
近くの牛舎に行って牛さんとご対面。スカウトが牛舎の前に並ぶと牛達が一斉に向きを変えてスカウト達に視線を。最後は牛を触らせてもらいました。
閉会式。多くのチャンスにチャレンジしたキャンプでした。きっとなにかが変わった自分を発見することでしょう。

前のページへ戻る
とよた市民活動情報サイト