特定非営利活動法人 えんねこ
                             

NPO法人えんねこ★ミルクボランティア講習会レポート

詳細はブログへ↓
https://ameblo.jp/enneko-project/entry-12444703669.html


春にやってくる子猫ラッシュに向け
少しでも命を繋げるために
一般の方のボランティアさんを募集です


↓第1回目の様子↓
https://www.google.co.jp/amp/s/gamp.ameblo.jp/enneko-project/entry-12385979491.html


H30年度から
愛知県動物保護管理センターが

始めた新しい試み
ミルクボランティア


平日にもかかわらず
小さな命を少しでも救いたいと
思っている方々が
参加してくださいました(^人^)感謝

愛知県動物保護管理センターが
どんな業務を
行なっているのかを学び

実際に昨年度の
犬猫の引き取り数など
スライドで勉強です


持ち込み数全体の
92%が猫!

飼い主不明の子猫が
全体の62%

H29年度だけで
子猫の引き取りが
599匹!!
(豊田市や名古屋市など
中核市はここに含まれません)

理由のない引き取りは
行なっていないので
現在センターに
持ち込まれる猫達は
警察署経由が大半です
(遺棄など)
以前は乳飲み子猫達は
真っ先に殺処分の
対象でした(T-T)


数時間おきにミルクを
与え続けなければ
死んでしまう乳飲み子猫が
沢山収容されると
職員さんだけでは
対応出来なくなって
しまうからです(>_<)


でも…
このままではいけない…と
職員さん達は乳飲み子猫達を
生かして譲渡に繋げる道を選び
努力されるようになりました


当然…
持ち込まれる乳飲み子猫の
数が多すぎて
手が足りない状況に
なってしまいます

そこで私達のような
登録団体に一部を託し
一時的な養育を行うように
なりました

でも…
猫の登録団体は決して
多くありませんし
離れた地域の団体では
連携も取りにくかったりします
団体自体も
ミルクボランティアだけを
行なっているわけでは
ありませんし
どこの団体も人手が足りている
状態でもありません

そこで、今年度より
県民のみなさんに
ミルクボランティアを
募ることになりました


ほぼほぼ野良猫の
赤ちゃんな訳で
せっかくこの世に
生まれたからには
命を繋げたい!!


ミルクボランティアは
命の救済です
H30年度1月までの数字ですが

ミルクボランティア制度が
出来てから

猫は
140匹
実際に命を繋げることが
出来てるんです!!


素晴らしい
取り組みです
ヽ(;▽;)ノ
皆さん真剣!!


『殺処分を減らす』

色々な取り組みがあり
ミルクボランティアも
手段の1つ
・野良猫の不妊去勢手術をすること
・正しい猫の飼い方をすること
・SNSで情報を発信すること
・友達に現状を話して
・知ってもらうこと
・チャリティーやイベントに
参加すること
etc.



いろんな方法でボランティアに
参加することが可能です


「出来る事を出来る時にする」


気負う事はありません(*´ェ`*)
何か1つ始めてみませんか?

前のページへ戻る
とよた市民活動情報サイト