豊田市美術館ガイドボランティア自主グループ 「アートフレンド」
                               

12.末野原交流館              「これならできるかも講座」参加・1回目

2019.8/22(木)13:00〜14:30

末野原交流館の第2会議室で「対話によるアート鑑賞」出前講座を行いました。
一般の方7人、大学生9人、先生2人の計18人の参加者で賑わいました。
ワイワイ、笑いを交えて楽しく、たくさんの意見を述べて頂き、鑑賞を深めました。

先ずは「アートフレンド」の活動について説明しました。
豊田市美術館から外に出て、多くの市民の皆さまにアートを身近に感じて頂き、美術館に足を運んで本物を見て頂くこと、活動の趣旨・目的についてお話ししました。
美術館の建物については、歴史、建築家、行ってみたい美術館全国で2位、日本で一番美しい美術館の言われ、四季折々の見どころなどを紹介。
現在展示している「クリムト展」と「あいちトリエンナーレ」の紹介。
オーストリアと日本の関係、クリムト展については、作品の見どころを、トリエンナーレはガイドツアーに参加する楽しさを伝えました。
いよいよ作品の鑑賞です。
美術館所蔵の複製を用いてじっくり見て頂きます。
「見る、考える、話す、聴く」ことで、コミュニケーションを進め、鑑賞を広めて頂くお手伝いをします。
《オイゲニア プリマフェージの肖像》をよく見て頂くために、パネルを近くへ移動しました。
特に感じたところ、思ったこと、印象について参加者の意見をつないでいきます。
鑑賞の仕方、作品を見た感想、を伺います。
ほとんどの方が、この様な鑑賞があるとは知らなかった、初めての経験で楽しかった面白かった、美術館へ行ってみたい、と前向きの感想を述べてみえました。

前のページへ戻る
とよた市民活動情報サイト