ガールスカウト愛知県第62団
                               

2019年度62団活動報告会

 3月29日(日)ガールスカウト愛知県第62団の2019年度活動報告会を豊南交流館で実施しました。約1ヶ月半の活動停止後、初の集会に「久しぶりに会えた仲間に皆んな笑顔でした。
 レンジャーを除くスカウトと保護者委員、リーダーも1年間を振り返り次年度への新たな気持ちをみんなで共有しました。
 シニア二人が視界にチャレンジ。立派にやり遂げました。

ブラウニー部門の報告は、1年かけて取り組んだ
世界連盟のウォーターバッジについて発表しました。設楽の千年の森で川の赤ちゃんに対面。長い年月をかけて川になること。ブラウニー集会で蒲郡に出かけ、川が海につながっていることをみんなの目で確認しました。
 ジュニア部門は、62団の活動テーマ「チャンス・チャレンジ・チェンジ」に4つのプログラムで実践しました。それは「キッズサマーフェスタほうなん」「豊南ふれあいまつり」「オイスカデー」「青少年センター文化祭」でクラフトを指導。多くのチャンスにチャレンジして教えることに自信が持てるようになりました。
 保護者委員の報告会。保護者委員になってキャンプに参加し、スカウトと同じようにキャンプファイヤーの出し物をしたこと。賞をもらったこと。会計としてお金がぴったりあったことなどの報告がありました。
 シニア部門の報告。集会にはあまり出られないが学校でスポーツで頑張っていること。また「ものづくりわくわくワールド」井川北地区の出店ブースを任され、自分が提案したクラフトが採用されたことなど発表しました。
 報告会の途中に、レクリエーションで緊張をほぐします。
 最後はみんないい笑顔。スカウトだからこんな時こそ「心に太陽を、唇には歌を、そして笑顔で」乗り切りましょう!

前のページへ戻る
とよた市民活動情報サイト