とよた演劇協会
                             

とよた劇場元気プロジェクト第1弾 小さな朗読劇 two you

コロナ禍に、演劇のチカラで街を元気にする! を合言葉にしたプロジェクトの第1弾。二人の役者による二人の観客(母と娘)のための小さな朗読劇「母と娘の物語」を、8月30日(日)に豊田市竹生町のコミュニティースペースkabo.で3組の母娘のために上演しました。

母と娘の物語を、本物の母と娘が観客になって聴く。まるでそこには、四人の役者がいたような。kabo.の温かい空間に包まれ、優しく愛おしい時間が流れました。
演目は「母と娘の物語」。ある母と娘の、50年の歴史を、約30分の物語にして朗読しました。コロナ禍に、3密回避とソーシャルディスタンスを意識した作品づくりを行いました。
豊田市竹生町にあるコミュニティースペースkabo.。まちなかの、日常の空間の中に、非日常の演劇空間が生まれました。10月11日(日)には第2弾 four you が上演されます。

前のページへ戻る
とよた市民活動情報サイト