CIあいち
                             

オンラインdeコンタクトインプロビゼーション ラボ&ジャム202004-07

2020年コロナ禍により、私達の活動も大きく変わりました。

接触どころか対面で会う事すらもままならない状況で、年度始めに予定していた活動はほぼ中止に。だけど人との繋がりは切れない、”コンタクトし続ける”ことを心に、心が荒んでしまう状況かもしれない今こそ、皆でつながって一緒に乗り越えよう!と、ZOOMによるオンライン開催を実施しました。

◆オンラインdeコンタクトインプロビゼーション ラボ&ジャムを開催した日◆
2020年4月15日、25日、5月13日、23日、27日、6月3日、17日、7月1日、15日


・CI創始者のひとりであるスティーブパクストン氏の録音音声による"smalldance"を体験。
・英語音声は、CIあいち会員により日本語に翻訳。
・スモールダンスでは呼吸と身体の内面の微妙な動きを観察し重心と呼吸の繊細さを実感。
身体と呼吸に意識を集中する事で深い呼吸に繋がり心身共にリラックスできた。
・国内外でのCIの動向を観察。
・各自音源または楽器や好きな道具を持ち寄り、自由演奏しながらインプロビゼーションを行った。
・各自好きなモノ(クッション、布など、部屋にあるものなんでもOK)を持ち寄り、モノと重力の間で動ける身体を探した。

---
コロナ禍による緊急事態宣言が発令され、対面での活動が制限された中、オンラインに活動の場を移し生の人間との交流ができた事は、人との交流の機会が減り不安を抱えている人や仕事の負荷が急激に上がり疲労を抱える人等、人との繋がりを感じて勇気をもらい、心も体もが安らぐ良い機会になった。

---
コンタクトインプロビゼーション(CI)とは?
人間が持つ五感六感とココロとカラダ、その場の状況や重力などをフル活用し、自由に動いて身体と心で遊ぶダンスです。コンテンポラリダンスの主要な要素のひとつと考えられており、合気道や東洋思想(禅など)からの影響を受けたとも言われています。アート、演劇、ボディーワークやセラピー、福祉、教育の分野など、各方面から高い関心が集まっている注目のムーブメントです。

---
参加ご希望の方は、氏名・お問合せ内容を下記メールアドレスまでお送りください。
dancec.i.aichi@gmail.com(島田、田中)


 
   


前のページへ戻る
とよた市民活動情報サイト