アマチュア無線サポーターズ豊田
                             

【公開運用】8J2T7K 豊田市制70周年記念特別局/開局(2021.4.1)

豊田市制70周年記念特別局を開局するにあたり、豊田市駅東口 駅前広場「とよしば」で公開運用を行いました。

豊田市内および近郊のアマチュア無線家に開局の挨拶を届けるために、433MHz・FMで第一声を発信しました。

平日にもかかわらず、8人のアマチュア無線局長さんが応答してくださいました。

また、この活動に興味を持たれた市民の方にも立ち寄っていただき、成果を感じた初日となりました。

特別局に付与されたコールサイン(識別符号)の成り立ちを掲示しています。
下段中央の画像を見てね!
「8J2T7K」
発音が似通っている言葉を識別するために定められたフォネティックコード(phonetic code)で『エイト ジュリエット ツー タンゴ セブン キロ』と発声して、確実に伝えます。
豊田市制70周年記念特別局運営委員会の委員長・柳澤が第一声を発信しました。
この運営委員会は、アマチュア無線サポーターズ豊田が担任しています。
のぼりが爽やかな春風にはためいていました。
豊田市は、
1951(昭和26)年3月1日挙母町から挙母市として市制施行。
1959(昭和34)年1月1日豊田市に改名。
2021(令和3)年3月1日に市制施行70周年を迎えました。
本日、交信していただいた8人の局長さんには、4月度の交信証を送ります。
4ヶ月の期間内で月々に少しデザインを変えて発行します。
毎月の交信を楽しんでもらえると嬉しいです。

前のページへ戻る
とよた市民活動情報サイト