とよた市民活動センター
                         

活動力強化塾’09 「地域と活動をつなぐコツ」(平成21年8月21日)


 活動力強化塾'09「地域と活動をつなぐコツ」と題したつなぎすとオープン講座(全3回)の第3回がとよた市民活動センター(ホール)にて開催され、32名の参加がありました。
 今回は、「地域活動のコツを知る」〜地域での新たなつながり方〜をテーマに、南義人さん(豊田市災害ボランティアコーディネーター連絡会会長、おせんしょの会・高橋地区)、伊東浄江さん(NPO法人 トルシーダ代表)より、現在関わっている活動について発表がありました。
 その後「地域と活動をつなぐルールを考えよう」〜地域とつながるために大切なポイント〜をテーマに、9名のつなぎすとが5グループに分かれ、ファシリテーターとして参加しグループワークを行いました。3回目となる今回は、参加者もワークの雰囲気に慣れ和気あいあいと積極的に話し合いが進みました。
 一般参加者からは「いろいろな立場の人と交流できてよかった」、また交流館主事からは、「豊田市での活動を知るよい機会になった]「立場により想いは違うが、その人たちとつながっていくこと、つなぐことが私の仕事」「豊田市を住みよくするために積極的に手助けしていきたい」、つなぎすとからは「交流館の皆さんに、NPOの活動の現状を知っていただく機会になったと思う」「市内で活動している人たちの活動を地域につなぐには、中間支援者の役割が重要である。交流館もつなぎすとも頑張っていかなくてはと思う」などの意見がありました。

 
   

 
 
 

前のページへ戻る
とよた市民活動情報サイト