とよた市民活動センター
                         

☆第1回・第2回講座報告☆ ’09とよたNPO大学 

********************************************
☆第1回講座《運営スキルアップ 娚催報告
********************************************

■日 時 11月8日(日) 
■テーマ ・「NPOってナニ?」−みんなで育てる地域の可能性
      ・人はなぜ共働するのかーマネジメントという発想
■場 所 とよた市民活動センター ホール
■参加者 42名
■講 師 村林准教授、高橋教授(ともに愛知学泉大学)
 村林先生は、豊田市の例を挙げて、行政と市民活動がかかわって共働していくことの意義について話されました。
 つづいて高橋先生は、マネジメントという難しい内容を、ユーモアを交えながら説明されたので、受講生の中から笑いも起こる、和やかな雰囲気の講義になりました。

 参加者の感想
「NPOの存在が、ますます社会的に必要になってきているように思う。」
「日本的経営をすべて否定するのではなく、柔軟に活用するべきではないのかというお話は非常に面白かった」等の感想がありました。




*************************************
☆第2回講座《実践会計 娚催報告
*************************************

■日 時 11月21日(土)
■テーマ すぐできる実践会計!-出納帳のつけ方から会計ソフトまで
■場 所 愛知学泉大学豊田学舎コンピュータルーム
■参加者 26名
■講 師 馬場准教授(愛知学泉大学) 


講義は、会計の必要性、帳票の管理の仕方などの説明や、会計の練習問題を解いたり、NPO会計ソフトを使って入力するなど、実践的な内容も盛り込まれた内容でした。
 講義で使用したNPO会計ソフトは、受講者のパソコンで使えるようUSBメモリなどにデータをいれて持ち帰り頂きました。

 参加者の感想
「とてもわかりやすく力になる内容だった」
「実践的な内容でとてもよかった」との感想がありました。



 
   

【第1回講座】
《運営スキルアップ 

村林先生は、豊田市を例に挙げて講義。
【第1回講座】
《運営スキルアップ 

みなさん講師の話に熱心に耳を傾けています。
【第1回講座】
《運営スキルアップ 

高橋先生の、日本型マネージメントの説明には、受講者も興味深げ。
【第2回講座】
《実践会計 

馬場先生は公認会計士。
NPOの会計支援に携わっておられるので、NPO会計にとても詳しい。
【第2回講座】
《実践会計 奸

学泉大学のコンピュータルームで実践的な講義。
【第2回講座】
《実践会計 奸

助手の学生の方に、わからないところがすぐに聞けて、受講者に好評でした。

前のページへ戻る
とよた市民活動情報サイト