オカリーナふるさと
                           

「オカリーナふるさと」第5回ボランティア演奏

3月6日(土)14:00から45分程度、デイサービス「のぞみ」で演奏しました。出演者6名と見学の方1人。
アンコール曲を入れて16曲。ギターソロもあり、民謡「小原節」「草津節」「ソーラン節」3曲。それに「幸せなら手をたたこう」で一気に場が和んだように感じました。また、ソロ「アメージンググレース」「下町の太陽」を交え、バラエティのある演奏ができたと思います。アンコール曲の「思い出」など、最初はその曲は知らないと言っておられた入所者の方も口ずさんでおられたりして、楽しんでいただけたと思います。私たちもその様子に幸せな気分を味わいました。終了後、入所者の1人の方が、「エクアドルに50年住んでいて日本に帰ってきて本当に久しぶりに懐かしい曲を聴いた」と言っていただいたことには驚きと、良かったなという思いを抱きました。
その後、喫茶店での反省会では、これからも全員演奏のほか、ソロやデュエットなどを交えた方がいいなという意見が出ていました。

 
   


前のページへ戻る
とよた市民活動情報サイト