オカリーナふるさと
                           

「オカリーナふるさと」第11回ボランティア演奏

第11回ボランティア活動報告
7月10日(土) 大豊工業(株)厚生センター
身体障害者交流ダーツ大会の予選と決勝の間、休憩時間にオカリナ演奏をしました。
<プログラム>
グループ紹介 
1茶摘 2四季のうた 3きつつきポルカ 
4上を向いて歩こう 5喜びも悲しみも幾年月 6遠くへ行きたい 
7教えて(アルプスの少女ハイジ)8涙そうそう 9いい湯だな 
10ふるさと アンコール曲アニーローリー

15名の出場者でそれぞれ持ち味豊かな演奏で会場から歌声、拍子をとったりして、楽しい演奏となりました。
今回広い体育館で200人近い聴衆の中での演奏、マイクの数が足りなかつたこと 広い所での演奏のあり方 反省点として残りました。 


後日主催者からのお礼メールが届きました。

先日は、たくさんの方にお越し下さり、綺麗な音色を聴かせていただき、
誠にありがとうございました。
ご心配されていました音響の面は、やはり体育館の後方につきましては、
多少音が小さい感じではありましたが、届いていたようです。
一緒に唄ってくれた障がい者さんもいてよかったなぁ〜。
と思います。
私どもとしましても、約30分間拝聴するのみは、初めてのことで、
障がい者さんが、飽きてしまうんではないかということが正直心配でした。
結果、大丈夫ではありましたが、こちらでも、「ふるさと」のように歌詞の拡大版を他の曲分もご用意させてもらえば、もう少し参加型になれたかなぁとも思いました。

 
   


前のページへ戻る
とよた市民活動情報サイト