とよた市民活動センター
                           

第15回 いきいきセカンドライフセミナー

 
 社会人の地域参加の方法や、退職後の自分の活かし方など地域で自分らしく生きるヒントを学ぶためのセミナーを開催しました。

 
テーマ 「地域で輝け!第2の人生」  

・日 時 平成23年1月30日(日) 午後1時〜4時
・場 所 カバハウス (トヨタ自動車労働組合会館)
・内 容 
【第1部】基調講演
 輝け 団塊世代!
 「新しい地域の担い手としての期待」
   講師:愛知学泉大学 教授 山崎丈夫 さん
     
【第2部】パネルディスカッション
 「地域を舞台に活動している方の実践報告」
         
   コーディネーター:愛知学泉大学  教授 山崎丈夫 さん
   パネリスト:わくわくセブン      代表 山川良雄 さん
          豊田市災害ボランティアコーディネーター連絡会
                        代表 南義人 さん
          とよた都市農山村交流ネットワーク 
                        代表 山本薫久 さん


基調講演では、定年世代の現状や各個人の身近にある地域デビューのきっかけについて伺いました。
第2部のパネルディスカッションでは、3名の活動実践者の方々に、それぞれ活動のきっかけや活動内容等をユーモアを交えて紹介いただきました。

75名の参加者からは、「第1部・第2部とも具体的でとても参考になりました。」「地域で仲間をつくり、地域で役立つことを見つけたい」「前向きな考えの後押しを得た」「次回も参加したい」などの感想をいただきました。

※当セミナーは、『トヨタ自動車労働組合(TUV)、豊田市社会福祉協議会、豊田ヤングオールド・サポートセンター、とよた市民活動センター』主催で開催しました。

 
   

主催者代表の挨拶をされる  『TUV 竹株副委員長』
【第1部】
「家にこもらず外へ出る暮らしを心がけ、意識的にきっかけづくりしていくこと。」とエールを送られる『愛知学泉大学コミュニティ政策学部 教授 山崎丈夫さん』
【第2部】
パネリストの3名

【第2部】
活動の紹介をするため、いつもは子どもたちを相手に行う手品を披露する『わくわくセブン 代表 山川良雄さん』
【第2部】
ご自身のセカンドライフにあたっての想いや活動を始めたきっかけについてお話される『豊田市災害ボランティアコーディネーター連絡会 代表 南義人 さん』
【第2部】
ご自身が代表を務める団体の活動や活動を始めた経緯についてお話される『とよた都市農山村交流ネットワーク 代表 山本薫久 さん』
【第2部】
熱心に各代表の話を聴く参加者
【第2部】質疑応答の時間には、会場から各団体に多くの質問がありました。
参加者の皆さんに「“幸齢者(こうれいしゃ)”であってほしい。」と閉会の挨拶をされる『市社会福祉協議会 中田さん』

前のページへ戻る
とよた市民活動情報サイト