とよた市民活動センター
                           

活動センター事業報告 報告会「被災地は今〜震災復興支援の現場から〜」

 去る5月29日(日)、とよた市民活動センターにて報告会「被災地は今〜震災復興支援の現場から〜」(参加者:23名)が行われました。
 この報告会は、東日本大震災の支援に、実際に現地へ行った方たちからそれぞれ活動の様子などを報告してもらい、我々一人ひとりのこれからの支援について考えるきっかけとするものでした。
 報告者は(社)豊田市社会福祉協議会 大地裕介さん、(財)あすて 石黒秀和さん、豊田災害ボランティア会議 高桑俊康さんの3名。大地さんは岩手県大船渡市で、石黒さんは新潟県三条市及び宮城県南三陸町で、そして高桑さんは岩手県大船渡市及び陸前高田市で、現地ボランティアセンターやボランティアの支援、物資の運搬や被災者への提供といった活動に取り組んだお話をされました。
 今後の被災地支援に対しては、「色々な情報が飛び交っているが、被災地はまだまだ支援が必要である。」「ボランティアに行く人は、最新の情報を収集して行くことが大事である。」など、貴重な意見が出されました。
 実際に現地で活動してきた方たちのお話はどれも説得力があり、参加者からは「現地の様子を感じることが出来た。」「生の情報が聞けて良かった。」などの声が寄せられました。

(社)豊田市社会福祉協議会 大地裕介さん
(財)あすて 石黒秀和さん
豊田災害ボランティア会議 高桑俊康さん
当日の様子が、『市政情報番組「とよたNOW」』で紹介されました。こちらもご覧ください。
http://www.city.toyota.aichi.jp/toyotanow/news1105.html
平成23年5月31日(火)放送

前のページへ戻る
とよた市民活動情報サイト