竹の子会
                               

「パステルアート体験講座」の開催

去る10月19日(日)午後1時半より、とよた市民活動センターの研修室にて、パステルアート体験講座を開催しました。
講師は愛西市でカウンセリングルームmineを開いておられる、心理カウンセラーの渡辺弘子先生。先ず初めにパステルの扱い方や消しゴム、綿棒など小道具の使い方を教えていただき、手始めに自分が一番気持ち良いと感じた色を選んで、それを紙に塗ることからスタート。パステルの扱いに慣れたところで最初の課題「行ってみたい場所、自分の好きなもの」をテーマに描きました。そして2作目は、紙に印刷された自動車や自転車、イス、ウルトラマンや怪獣などの写真を切り抜いて、パステルで描いた絵と組み合わせて貼る作品に挑戦。テーマは自由に選びました。時間が経つにつれて描くことに集中し、休憩のお茶タイムになっても描き続けている人がいたりしました。
練習で描いたものとあわせて3作品を仕上げたところで終了。全ての作品を前のホワイトボードに掲示して、描いた人が順番に作品の前に出て解説をした後で、それぞれ他の受講生から作品へのコメントをひと言ずついただくシェアリング(分かち合い)タイム。何か一つ作品の良いところを見つけて描いた人へ伝えるのですが、次第に会場がほんわかとした暖かい雰囲気になってくるのが感じられました。どの作品も個性的で惹きつけられるものばかり。渡辺先生の丁寧で分かり易いご指導もあって、とても初めてパステルで絵を描いたとは思えないくらいレベルの高い絵がそろいました。描いた人もそれを鑑賞した人も、大満足の体験講座でした。
最後に渡辺先生の「心のミニ講座」があり、電話相談員や子どもの虐待防止ネットワークの活動等のご経験から得られた貴重なお話をいただきました。
3時間半の講座があっという間に過ぎた感じの、とても充実した楽しい時間を過ごすことができました。今回は竹の子会会員限定の講座でしたが、来年3月8日(日)には一般の方向けにこの講座を開催する予定です。近くなりましたら申込み受付の案内をいたしますので、ご興味ご関心のある方はぜひご参加ください。

先ずはパステルの扱いに慣れることから
渡辺先生による懇切丁寧で分かり易い指導
さて、何を書こうかな・・・
講師の渡辺弘子先生
さあ、貼り絵に挑戦!
皆さん制作に没頭。
分かち合いで解説するOさん
分かち合いで解説するYさん
分かち合いで解説するKさん
練習作品・タイトル『夢うつつ』
課題「行ってみたいところ」
タイトル『桃源郷へ』
貼り絵(コラージュ)作品
タイトル『私の生まれた星』

前のページへ戻る
とよた市民活動情報サイト