とよた市民活動センター
                         

平成24年度豊田市市民活動促進補助金公開審査会 報告

 公開審査会は、平成24年度はじめの一歩部門に申請した5団体、活動ステップアップ部門に申請した3団体、新規事業チャレンジ部門に申請した1団体の皆様によるプレゼンテーション・ヒアリング審査の場として開催され、この結果、7団体の皆様が補助団体に決定しました!おめでとうございます。
 また1年目が終了し2年目補助が決定した団体の皆様への目録授与も行われました。
 参加団体の皆様大変お疲れさまでした。

 ○開催概要
 日時:平成24年6月23日(土)  参加者:43名
 場所:とよた市民活動センター ホール
  11時00分〜【第1部】:2年目補助決定団体目録授与
  11時30分〜【第2部】:はじめの一歩部門1年目補助申請団体審査
                採点・結果発表、補助決定団体目録授与式
  15時00分〜【第3部】:活動ステップアップ部門、新規事業チャレンジ部門
                1年目補助申請団体審査 

 第1部では5月12日に開催された成果発表会・審査会にて2年目補助が決定した各団体の皆様への目録授与式を行いました。

 第2部はじめの一歩部門の審査では、申請団体によるプレゼンテーションの後、「豊田市市民活動促進補助金審査会審査員」5名と、各団体から選出された「市民審査員」により、対象部門の審査項目(【課題】【資金】【継続性】)や、事業内容等について(1団体10分)質疑応答がありました。その後の採点では、審査会審査員による評価点と、市民審査員による投票点の合計により、補助団体が決定しました。

 第3部活動ステップアップ部門、新規事業チャレンジ部門の審査では、申請団体による5分のプレゼンの後、事前質問や、対象部門の審査項目(【課題】【資金】【継続性】【組織強化】【実現性(新規事業チャレンジ部門のみ)】)、事業全般、団体運営に関するヒアリングが行われました。(1団体20分)その後、審査会審査員による評価点により補助団体が決定しました。

 審査会審査員からは、応援メッセージのこもったアドバイスが団体の皆様へおくられました。この補助金を契機に、皆様の団体活動がさらに大きく展開されることを願っています。


 
   

公開審査会、会場の様子
はじめの一歩部門
<森音の会>

豊田市の中間山間地に在住の知的・発達障がい者が、地域で暮らし続けられるために、勉強会を行い、周囲の理解を進め、働く場所の提供、支援をし、障がい者が地域で暮せる豊かなまちづくりを目指す。
はじめの一歩部門
<がんのピアサポート ミーネットみかわ>

一定の講習を修了したがん体験者や家族(がんのピアサポーター)が、がんにかかった方々の相談支援を行うとともに、一般市民に対してもがんの予防や早期発見などの啓発活動をおこなう。
はじめの一歩部門
<特定非営利活動法人日本こころのカウンセリング協会>

家族への子育て支援に対して、児童の健全育成等に関する事業を行い、不登校児や引きこもりに係る問題の改善や解決を図り、よりよい家族関係及び社会生活の向上と社会全体の利益の増進に寄与することを目指す。
はじめの一歩部門に申請した各団体から選出された市民審査員による審査
豊田市市民活動促進補助金審査会審査員による質疑応答

・伊藤雅春さん(愛知学泉大学 現代マネジメント学部教授)
・新谷千晶さん(つなぎすと・NPO法人あいちNPO市民ネットワークセンター理事長)
・守随純子さん(活動助っ人座代表)
・西原香保里さん(愛知みずほ大学 人間科学部教授)
・三島知斗世さん(NPO法人ボランタリーネイバーズ 調査研究部長) 
審査会審査員による評価点の記入
市民審査員による投票
【はじめの一歩部門】
1年目申請団体審査結果
合格基準点12点

・oluolu 10.7点
・あいうえおの会 11点
・森音の会 15.3点
・がんのピアサポートミーネットみかわ 13.15点
・特定非営利活動法人日本こころのカウンセリング協会 12.8点
1年目補助決定団体の皆様への目録授与式
★1年目補助決定団体の皆様
(左から)
・森音の会
・がんのピアサポート ミーネットみかわ
・特定非営利活動法人日本こころのカウンセリング協会
PRコーナー
がんのピアサポート みーねっとみかわ
PRコーナー
NPOとよた羽ばたけ天翔
PRコーナー
子どもの幸せな未来を考える会
PRコーナー
大地の会
活動ステップアップ部門
<NPOとよた羽ばたけ天翔>

市内特別養護老人ホームや市内自治区行事に訪問し、日舞、詩舞、民謡、唄、音楽、演芸などの文化活動を通じ、お年寄りと共に少しでも楽しい時間を作り出し、広く地域社会の福祉に貢献すること目指す。

活動ステップアップ部門
<子どもの幸せな未来を考える会>

子どもが子どもらしく心豊に成長するための親の役割を学ぶ機会を提供し、実行に移せるよう支援することを目指す。
活動ステップアップ部門
<大地の会>

こころの病、悩みを抱えて生きる若者を持つ家族同士が、交流や親睦を図り、互いに学びあい、支え合い、磨き合い、理解を深め、本人や家族が安心して生活出来るように、又、多様な活動による体験を通じて、若者が社会と繋がり、意欲的に生きる事を身に付け、自立が叶うよう、活動を継続する。
新規事業チャレンジ部門
<夢育プロジェクト>

外国籍の子どもたちが将来に夢を持てるように、就労活動のの支援に関する事業を行い、地域の国際理解と外国籍青少年の健全育成に寄与することを目的に活動を展開。
【みらい応援プロジェクト】では、外国人青少年を対象とした就労を意識するためのプログラムの作成と実施により、将来を考える機会を提供し、社会課題として捉える人が増え、継ネットワークを構築しながら続性のある仕組みづくりを目指す。
1年目申請団体審査結果
【活動ステップアップ部門】
合格基準点13点

・NPOとよた羽ばたけ天翔 13点
・子どもの幸せな未来を考える会 13点
・大地の会 16.8点

【新規事業チャレンジ部門】
合格基準点16点

・夢育プロジェクト 20.1点
★2年目補助決定団体の皆様
(左上段から)
・いっぽ いっぽ
・NPO-がいどボランティアとよたネットワーク
・個性の強いこどもを地域で支える会
・豊田地域猫の会
・スマイル9
・霧山耕流会

活動の都合により欠席された団体
・おはなし会「モツくん」



▲豊田市ホームページでも市民活動促進補助金の事業報告を掲載していますので、あわせてご覧ください。
 ⇒http://www.city.toyota.aichi.jp/division/facilities/c/fc09/1236768_14661.html

前のページへ戻る
とよた市民活動情報サイト