竹の子会
                               

「第4回 聴く技術を学ぶ・傾聴トレーニング」講座の開催

去る2月15日(日)13時15分から17時15分まで、とよた市民活動センター・ホールにて竹の子会主催により、「第4回聴く技術を学ぶ・傾聴トレーニング」講座を開講しました。

年に1回の講座ですが、この講座を受けることを楽しみにしてくださっている方が何名もいらっしゃり、今回も遠くは大阪からみえた方がありました。最終的には37名の聴く技術を向上させたい人、カウンセリング能力を高めたい人が集まりました。
(中にはカウンセラーの資格を持った方も数名いらっしゃいました)

講師はお馴染み、心理カウンセラーの竹内成彦先生です。
先生のご指導で、ロールプレイ(話し手・聴き手に分かれて対話をする、実習)、振り返りを、途中休憩を挟んで3回行い、その後でグループ練習のまとめと発表を行いました。

最後に竹内先生から、「話を聴いてもらうことの効用」「カウンセリングの奥義(話をよりよく聴くための4つの技術)」「話を聴く上で避けたい6つのこと」について講義をしていただき、どうしたら話し手を支援するための傾聴ができるのかについてしっかり学びました。
約4時間のとても中身の濃い講座でしたが、受講生の皆さんはとても満足されている様子で、私たち主催者も安心すると共に、嬉しく思いました。


 
   

グループごとにロールプレイ実習を行う
講師の竹内先生
ロールプレイの後、振り返りをする
ティーブレイク(休憩)中も話が弾み、あちらこちらで語り合う姿が
最後に竹内先生から講義を受ける

前のページへ戻る
とよた市民活動情報サイト