特定非営利活動法人 あいちCAPプラス
                               

平成27年度 活動中!

平成27年度が始まりました
2015年4月22日 10:15〜
とよた市民活動センター 会議室にて
特定非営利活動法人 あいちCAPプラス 総会を実施しました。

2015年5月19日 10:15〜
刈谷市生涯学習センターにて、ミーティングを実施しました。
今年度の活動に向けての準備や、確認を行いました。

CAPとはChild Assault Prevention(子どもへの暴力防止)の頭文字をとったもので、子どもたちがいじめ、痴漢、誘拐、虐待、性暴力 といったさまざまな暴力から自分を守るための人権教育プログラムです。
 子どもを対象にしたプログラム(子どもワークショップ)では、就学前、小学生、児童養護施設の子どもたちにそれぞれ発達段階にふさわしい寸劇、歌、人形劇、討論などを盛り込んで、 子どもを怖がらせることなく暴力防止の具体的対処法を教えます。
 従来の「〜してはいけません」式の危険防止教育とは根本的に異なり、「〜することができるよ」と身を守るための行動選択を練習します。 安心、自信、自由の心の人権を子どもたちに繰り返し伝えることで、全ての子どもたちが本来持っている「生きる力」を引き出すプログラムです。   
あいちCAPプラスは、豊田市、岡崎市、高浜市などからの委託を受け、学校や保育園・幼稚園に出向き、子ども・教職員・保護者に研修ワークショップを提供しています
活動実績などについては ホームページhttp://www9.ocn.ne.jp/~capをご覧ください。

前のページへ戻る
とよた市民活動情報サイト